特に母犬から離された子犬は環境の変化から来るストレスから病気にかかりやすくなっています。善玉 菌を腸内で増やすことにより、子犬が本来持っている免疫システムをサポートします。
   
 
  犬の成長は腸内環境の状況で決まるといっても過言ではありません。腸内環境が改善されることによって消化吸収能力が高まり、栄養吸収を促進します。栄養吸収力の向上により愛犬の健康維持をサポートします。さらに健康的な皮膚と美しい毛並みを作るために役立ちます。
   
 
  犬は歳をとるごとに内臓が弱ってきます。同時に腸内環境も悪玉 菌の増加により悪化します。生まれたばかりの子犬の腸内環境はほぼ100%善玉 菌ですが、加齢と生活環境のストレスにより悪玉菌の割合がどんどん増えていきます。生きた乳酸菌を腸内へとどけ、定着させることによって腸内環境の悪化から引き起こされる免疫機能の低下を抑制し健康促進に役立つと言われています。
   
 
 


●お腹の弱い犬、下痢症状の犬   ●産後で体力の弱った犬
●抗生物質を投与中の犬      ●ストレスの多い犬
●病原菌の感染予防        ●アレルギー症状のある犬
●丈夫な皮膚と美しい毛並みを保ちたい時

   
 
  現代の犬は、散歩が少ない、家の中だけで生活することが多い、吠えると叱られるなど、さまざまなストレスを日常生活の中で受けています。これらストレスが原因で愛犬が便秘や下痢を続けるなど腸の問題を抱えた犬が増えています。これらの症状をアメリカでは「犬のIBS」と呼んでいます。生きた乳酸菌を腸内へとどけ、腸内環境を改善させることによって、これらの症状を緩和することが出来ると言われています。